不動産の買取

不動産を業者に買取りしてもらう際の、注意事項などを簡単に書いてみます。土地や家などを売ろうと思ったら、不動産会社に仲介に入ってもらって不動産の購入者を見つけてもらうということをするかと思いますが、不動産業者に買取りをしてもらうといったケースも考えられます。

 

その場合には不動産買い取り価格はその会社によって査定額にも差があることが多く、売却をしたい不動産の買取価格がいくらになるのかを正式な金額を提示してもらっておくことが必要です。ここで忘れてはいけないのは、業者により違うということであまりに自分の希望通りでない場合にはほかにも数社、その不動産の買取価格を見積もりしてもらったり、はじめから数社の不動産会社に売却したい物件の査定の依頼をすることをすべきではないかと考えます。

 

不動産会社もケースバイケースで最初は買い手を探すために広告を出して、なかなか買い手が現れない物件に関して不動産会社が買取をしますよと提案するというところもあります。しかし多くの場合には仲介だけをして手数料をもらうよりも、買取りして転売した方が利益を得られるので、自分たちの利益を優先するために適当なことを言って買い手はなかなか現れなかったことにして、自分たちの会社が買取りをすることにして買取価格を低く設定して高く売却して利幅を取ろうとするような悪いうわさもあったりしますので、気を付けなければいけません。